著名人

竹中平蔵のプロフィール経歴や家族を調査!年収がヤバい!

小泉純一郎政権で経済財政担当相や総務相などを歴任した、竹中平蔵さんが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて再注目されています。

竹中平蔵さんが注目されている理由は、新型コロナウイルスで生活が困窮している派遣労働を含む非正規労働などを増やす政策を推進してきた張本人とされているからです。

今回は改めて、竹中平蔵さんの

  • プロフィール経歴や家族は?
  • 年収はどれくらい?

について調べていきます。




竹中平蔵のプロフィール経歴や学歴は?

竹中平蔵Wiki風プロフィール

画像引用:Twitter

名前:竹中平蔵(たけなか へいぞう)

生年月日:1951年3月3日

年齢:69歳(2020年4月時点)

出身地:和歌山県

血液型:O型

竹中平蔵さんは和歌山県和歌山市の小松原通りにある商店街で営業している小さな履物小売商の次男として、誕生しました。実家は近所では比較的裕福な家庭とされていて、実兄の竹中宣雄はミサワホーム社長をつとめています。

趣味は野球鑑賞で、フォークグループのアリスおよびメンバー谷村新司のファンです。

学歴

竹中平蔵さんの学歴は下記のようなっています。

  • 和歌山市立吹上小学校
  • 和歌山市立西和中学校
  • 和歌山県立桐蔭高等学校
  • 一橋大学経済学部

和歌山県立桐蔭高等学校は和歌山県でトップクラスの偏差値を誇る高校です。

また一橋大学ではマンドリンクラブで指揮者を務めながら、プロの奏者から打楽器を習ったり、編曲を行い、音楽家を目指すほどでしたが断念されました。

勉強もでき音楽の才能もある竹中平蔵さんはまさに文武両道ですね。

経歴

小泉純一郎政権での経済財政担当相や総務相といった経歴が有名な竹中平蔵さんですが、錚々たる経歴の持ち主であります。

  • 1973年:日本開発銀行 入行
  • 1981年:ハーバード大学、ペンシルバニア大学 客員研究員
  • 1982年:大蔵省財政金融研究室 主任研究官
  • 1987年:大阪大学経済学部 助教授
  • 1989年:バーバード大学 客員准教授
  • 1990年:慶應義塾大学総合制作学部 助教授
  • 1996年:慶應義塾大学総合制作学部 教授
  • 1998年:小渕内閣の経済戦略会議のメンバー
  • 2000年:森内閣のIT戦略会議のメンバー
  • 2001年:経済財政政策担当大臣
  • 2002年:金融担当大臣、経済財政政策担当大臣
  • 2004年:参院議員当選
  • 2005年:総務大臣、郵政民営化担当大臣
  • 2006年:慶應義塾大学教授
  • 2009年:株式会社パソナグループ 取締役会長
  • 2010年:慶應義塾大学総合政策学部 教授
  • 2015年:オリックス株式会社 社外取締役
  • 2016年:東洋大学国際学部、慶應大学名誉教授
  • 2016年:SBIホールディングス株式会社 社外取締役

現在も東洋大学教授、慶應義塾大学名誉教授としてこれまでの経験を生かした、講演会やオンラインサロンなど多岐に渡ってご活躍されています。

竹中平蔵の家族は?妻や子供はいる?

竹中平蔵さんはこれまで、自身のご家族についてあまり言及されていません。

ですが竹中平蔵さんの奥様と思われる方の雑誌記事の記録が残っています。

記事のタイトルは、

『妻が語る竹中平蔵大臣の素顔 お笑いと谷村新司と阪神をこよなく愛す』

 2003年の婦人公論 (88(9) (通号 1129))に掲載されていた記事で、 著者は竹中節子さんとされています。

また竹中節子さんは1975年3月に津田塾大学で論文を筆跡した記録も残っています。

竹中平蔵さんのお子様についての情報は見つかりませんでしたが、お子様がいらっしゃるなら成人していて、もしかしたらお孫様までいらっしゃるかもしれませんね。

また情報が見つかり次第こちらで追記いたします。




竹中平蔵の年収がヤバい!

竹中平蔵さんの年収を調べていきます。

竹中平蔵さんが会長を務めるパソナグループの役員報酬については一般公開されています。

連結報酬総額となる社長給与は、約1億5,500万円前後です。
役員報酬総額が2億7,400万円前後と言われていることから、会長職と代表取締役との報酬額は、ほぼ同じことが考えられます。

そのことから竹中平蔵さんはパソナグループから会長職の報酬として、

約1億2,000万円

の年収を得ているとされています。

竹中平蔵さんはパソナグループの会長職の他にも職がありますので、合計でどれくらいの年収を得ているかはわかりませんが高額であることは間違えありませんね。

竹中平蔵のプロフィール経歴や家族を調査!年収がヤバい!まとめ

画像引用:Twitter

竹中平蔵さんのプロフィール経歴や家族についてと年収についてまとめてみました。

新型コロナウイルスの流行を受けてまた注目されるとは竹中平蔵さんも思っていなかったと思います。

竹中平蔵さんの豊富な知識と経験を生かした活躍を期待しています。