ニュース

【鉄パイプ暴行事件】犯人親子の名前や写真は?なぜ実名を公表しないの?

大阪府警吹田署は2月14日に殺人未遂容疑で府内の建設作業員の19歳の少年とその父親49歳を逮捕しました。

この事件について、鉄パイプで暴行した犯人の親子の実名が報道されていないことからネット上で話題になっています。

鉄パイプで暴行した親子の実名についてや、なぜ名前を公表しないのか調べていきます。




【鉄パイプ暴行事件】犯人の親子の名前や写真は?

犯人の親子が起こした事件とはどのような事件なのでしょうか。

2人の逮捕容疑は14日午後7時ごろ、大阪府吹田市藤白台の路上で、同市内の自営業の男性(33)の頭などを鉄パイプで複数回殴るなどして、鼻付近や左手小指の骨を折る重傷を負わせたとしている。

 同署によると、男性が路上喫煙していた少年を注意したところ、少年から連絡を受けた父親が鉄パイプを持って現れ、2人で男性を襲ったとみられる。

引用:産経新聞

路上喫煙を注意された19歳の少年は父親を呼びだす前に男性の頭を殴っていました

さらに現場にきた父親と一緒に鉄パイプで暴行を加えたということです。

2人は「殺すつもりはなかった」などと供述しているようですが、鉄パイプで暴行している時点で十分殺意はあると思います。

事件現場は?

殴られた男性は搬送される際に「阪急・北千里駅で路上喫煙を注意したら殴られた」と言っています。

報道でも北千里駅近くの路上を移してします。

親子の名前や写真は?

現段階では、息子、父親とも名前や写真は公表されていません。

また情報があり次第追記いたします。

今わかっている情報を簡単にまとめてみます。

息子

名前:不明

年齢:19歳

住所:大阪吹田市

職業:建設作業員

罪名;殺人未遂

父親

名前:不明

年齢:49歳

住所:大阪吹田市

職業:不明

罪名:殺人未遂  




【鉄パイプ暴行事件】犯人の親子はなぜ実名を公表しないの?

なぜこの犯人の親子は実名を公表しないのでしょうか。

未成年である

少年法第61条で、少年(未成年者)の氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であることが特定できる記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない、と定められています。

今回も息子は19歳の少年です。父親の実名を報道すれば自ずと息子の名前なども特定されます。

少年法に基づいて実名を報道していないのかもしれません。

在日外国人である

実名報道することで民族的差別だと思う恐れがあると判断されるときは、匿名や通名での報道をすることがあります。




【鉄パイプ暴行事件】犯人親子の名前や写真は?なぜ実名を公表しないの?まとめ

【鉄パイプ暴行事件】犯人親子の名前や写真やなぜ実名を公表しないのかについてまとめてみました。

とても自分勝手な行動から起きた事件ですね。

この親子には更生して、良い親子関係を気づいてほしいです。